2017年4月27日木曜日

AITLBO ハイエンドDAC ES9038PRO 200V仕様の感想

さて、100時間エージングも一先ず完了しまして、有機的になってきました。
では感想など。

私のこれまで5年間使っていたものは初代9018でジッターリダクションOFF機能、その後DSDリアルタイム変換機能128256のバージョンアップしたものです。
初代9018から9018S・90182Mそして今回の9038ですから今回4世代目になる。

どのように変わったのかは、内容は以下の通り
1、I/V回路が8回路から16回路と倍増。
2、DAC出力を可変出来るようになった。
3、入力信号がPCMが384kHzまで、DSDが24.576MHzとモンスター級。
4、PCM=>DSDリアルタイム変換はDSD1282565121024となった。
5、リモコンで操作できるようになった。
6、電流駆動可能。

音的には、使っていた初代DACと同じ設定で聴いてみたのだが、まず前に出てくる中域の音圧・押し出し感と前後左右上下空間のサイズのスケールが大きくなった。
それでいて音の間が静かで音数情報量も増えていて、高域も伸びているがこれ見よがしな耳に刺さる刺激性は無い、低域も弾力量感ともに多いと言うピラミッド型バランスの音が第一印象。(初号機からは大分変わりましたね)
低域はタイトでボーカルの口が小さいのが好みな私としては、MODE設定がAFPCからAPCのほうに変わりました。ローパスはファーストと合わせるとより明快になります。

DSDリアルタイム変換が1024まで伸びたので非常に楽しみにしていたのですが、44.1Hz16ビットのCD音原ではよほど録音が良いもの以外は気のせいかな?くらいの変化しか感じられないですな~。
しかしネットオーディオのハイレゾ音源では、その効果はハッキリと大いにありますから、SACD直接入力や音源の確保等で楽しみはこれから更に増えるでしょう。


何も足さない何も引かない、ごく当たり前な自然な音を求めてやまない者として。
価格はローエンドしかし中身はハイエンドのAITLBOのDACは私の手に入る範囲としては最上位の機器かもしれない。

2017年4月24日月曜日

AITLABO ES9038PRO DAC ただいまエージング中。

音楽信号を通し、現在45時間経過中。

おおよそ中高域のエージングは済みました。

肝心の中低域エージングはこれより55時間の計100時間必要です。

早まって、不正確な情報は載せたく無い為もう少々お待ちくださいませ。


●電源関係のエージング時間●
http://otoaudio.blogspot.jp/2012/06/blog-post_07.html

2017年4月23日日曜日

整理整頓してたらLANケーブル通電!

最近、クリーン癖がついてます。本日は機器と裏ケーブルの整頓!    下からフォノイコライザー・旧DAC・プリ・ネットワークプレヤー・新DAC・CDプレーヤーにハブとラックはビッチビッチ。電源も足りないし、ケーブルもギリギリ長さでこのような配置になりました。
ためしにLANケーブルのコネクタ部分を押してみてハブに繋いだところ、ななな・なん~と!!通電のランプが点灯してるではないか(´◉◞౪◟◉)
母屋に戻りパソコンを立ち上げて、NASを認識してるかチェックしても認識してるわ(^_-)-☆
4か月ぶり、まともにネットワークオーディオが再開(^o^)/


 画面が汚いですなぁ。


良かった。 DACエージング用信号はこれで行く。
この曲だけではなく、色々なジャンルの曲をジュークボックス的永遠に流せる、
CDプレーヤーだと機械的摩耗と発熱が出るが、ネット・オーディオはそれが無いのが良いところ?
ちなみにこれだけ聴いていれば音は悪くはないが、比べると・・・情報量・クリアさや緻密さではCDプレーヤーが上なのは、ハブを介しての接点の多さかと思う。


2017年4月22日土曜日

AITLABO ES9038PRO DAC 到着。

いつもは、午前中に到着するはず、なのに来ない!
仕事を早く終わらせ待つこと6時間。。。
やっと到着!


外見はタカチのケース。
中身は、機器素人の私にはわけわからん!!

取りあえず、デフオルトの設定で音出し。

出来立てほやほやのエージング無しでも、参りました!!!

だが、これを言葉や更に文章で表すのは、たやすいことではない。

少々時間をいただきます。




2017年4月21日金曜日

DAC戻る!

DACが4日ぶりに修理が終わり帰ってきました。 原因はRch出力端子配線切れでした。恐らくケーブルも太いし重いしでストレスがかかったのでしょう。
CDはリアルタイム変換のDSD256で聴いているんですが、やっぱりいいですなあ。
土曜に到着予定の最新ES9038PROチップのDACは、このDSDリアルアイム変換が1024までと聞いたことのないハイスペックになってしまい、その他すぐには使いませんがSACDのDSD64信号をHDMIで直に取り込んだり、パソコンをUSB経由で繋ぐことも出来る仕様にしましたので、楽しみです。

ネットワーク・オーディオ・プレーヤーも戻し、電源がもう精一杯。
100V機器が6種に200V機器が4種と分電盤を作った時には思いもよらない数になってしまいました。 デジタルを聴く際には、アナログ機器と電源の差し替えです。デジタルアナログ完全分離なんちゃってね(笑)

ネットワーク・オーディオも母屋からの20メートルLANケーブルが切れてますもので完全なネットワーク・オーディオになってません(~_~;)

無線交信出来ないのでタブレットでコントロール出来ないのと、NASはパソコン経由ハブと切れてるので、音楽ファイル・データをNASに移す際は、NASを外して母屋のハブに繋ぎ変えなければなりませんので、少々面倒。
LANケーブル自体はそんなに高価ではありませんが、自分で工事をするとまた切れてしまうので、専門業者さんに頼むことになりますが、今回は内装工事で車を買えるほどお金を使ってしまった・・・LANケーブル張替はしばらく先にします。





2017年4月18日火曜日

アナログ調整ディ

DACのRチャンネルの調子が悪く、AIT角田さんへ修理で送る。(ついでに最新DAC注文)

DACなしではCDも寂しい音なんで、アナログの調整です。

きっちり水平を測り・・・と言っても結構あちらを合わせれば、こちらが合わずで少々難儀し、次にフローティングタイプの3か所のスプリング調整。

これもどこがベストなのか今もって分らん! が何とか合わす(つもり)?

そして針圧調整。


40年前に買った針圧計!

0バランスとるのが少々厄介だが、3gに合わした。









アームのウエイトでは2.85gぐらい、どちらが正解でしょう。

たぶん40年前の針圧計でしょう?










偏芯したイーグルスのレコードも聴けるようになりました(笑)

アナログの調整は難しいですな~!!

2017年4月16日日曜日

クリーニング・ディ


雪が解けてきてこのまま春になるのかと思えば、突然雪が降ってきたりと、まだまだ安心は出来ないながらも、今日は暖かい春日和の北の大地。 工事完了から5日経ち、臀部の打撲痕は残るものの体の疲れも癒えてきました。 床を丁寧に拭き掃除と接点クリーニングをして、調整します。 




いつものクリーニング・グッズ!







判りにくいかもしれません。

結構汚れてますな~。










 

綺麗になった床とピカピカになった音!

調整と言っても、ここまで来ると大してやることはありません。
スピーカーの位置と開きくらいですが、以前と同じようなものです。





残響時間(RT60) とピンクノイズでのF特を測ってみました。

このアナライザーも寿命なのか、液晶画面が暗く薄くなってしまい、見にくい。
写真も良く映らなくなってしまい、良くわかりませんね。

RT60が床工事前は0.5秒に対して現在は0.47秒にF特は同じような測定値です。

部屋の癖が限りなく無くなったので、自然な極当たり前の音になり、音楽により没頭できる空間になりました。